ここのところ気合を入れて英会話カフェをめぐっているたかゆきです。今回の英会話カフェはランカル銀座店です。
特定の英会話カフェを狙っているわけではないのですが私の場合、打ち合わせ場所に近いところにある英会話カフェに行くようにしてます。打ち合わせ時間よりも少し早めに現地に行って近場にあるカフェに訪問してサービスを体験するようにしております。打合せは都内が多いので結果的に支店をたくさん持つランカルに行く機会が増えるということです。

スポンサーリンク

銀座の高級ブティックが並ぶ東急プラザ銀座内で英会話カフェを体験

お店は東急プラザ銀座という大きな建物の中にあるカフェ&レストランでした。ドカンと天井の高いホール型の大型レストランで中に入ると黒服のお姉さんが席まで案内してくれます。お店の名前は、METoA CAFE(http://www.metoacafe.com/)です。読み方がわからなかったので調べてみたら、メトアカフェと発音するようです。オーストラリア料理を提供しているレストラン&カフェということです。詳しくは「METoA CAFE」で検索してみてください、すぐにヒットします。

カフェでもありレストランでもあるこのお店ですが来店時間が夕飯時だったのでカップルも多いし身なりの良いマダム数人がご飯を食べていたりと今までの英会話カフェではなかったような煌びやかさがあります。これが銀座なのか?このお店ファンシーで雰囲気は抜群です。スーツを着てくれば良かったと真剣に後悔しました。ということで席に着席して自分のID番号を入力、手続きを行います。ランカルは来店時にアイパッドでログインする必要があるのですが来られている方のコースがゴールド会員ばかりで驚きます。これも銀座だからなのかそれともオススメの定番コースなのかもしれません。

英会話カフェのお客さんは初心者というよりは中級者に近く誰にでも親切に接してくれる

早速本題に入ります。体験時に一緒したお客さんは皆さん活発に話をする方が多くとても賑やかな英会話テーブルです。お店はディナー時ということもありザワザワしているのが少し気になりましたが会話が聞こえないというほどではありませんでした。

土地柄、外国人が多く英会話カフェテーブル以外でもふつうに英語が飛び交っておりランカルテーブルで英語を話していても全く違和感がありませんでした。

これ結構大事なことです。お店のワンテーブルを借りる形態の英会話カフェの場合、普通のお客さんと同じ空間を一緒にすることになり周りの方が好奇の目で見てくることもあります。そのことを好まない方がいることも分かっております。ランカルの上手なところはカフェの選別がうまく英語を話していても誰も気にしないようなお店選びをする点にあります。この銀座店はまさに典型であると言えます。ランカルに限らず昨今流行りテーブルレンタル型英会話カフェ企業はその辺のチョイスが上手な気がします。

さて、今回のランカル銀座店のメイトはイギリスと日本のハーフで目が素敵な女性。

ネコ好きで博識な彼女のマネージメントでテーブル内の話しが弾んでます。この日のお客さんは全体的に初心者ではなく初中級者から中級者といった印象です。みなさん英語での日常会話に問題ないような方々に感じました。

テーブルにいるお客さん5人の中で初めては私を含めて3人でした。もっと常連比率が高いのかな思ってましたがこちらでは初めてもしくはトライアルの方が多いようです。前回の二子玉川店ではお客さんのほとんどが顔見知りだったことを考えるとお店ごとに顧客層が異なっているようです。

たかゆき
ニコタマの体験レポートはこちらから確認できます。
【体験】英会話カフェのランカル二子玉川にたかゆきが覆面訪問してきました

これまで3件ほどのランカルに訪問して英会話を体験してきました。せっかく登録したので時間を見つけたら個人的にも通ってみようとは思ってますがランカルの面白いところは全体的に顧客の年齢層が高くリピーターが多いことではないでしょうか。私は自身の年齢を公開しておりませんが若くはありません。昭和生まれの団塊ジュニアでおじさんと呼ばれている年齢ですが私よりも年上の方がメイン顧客ではないかなと思います。もちろん時間や曜日に大きく関係するので一概には言えません。

銀座のハイソ空間で英語を楽しみながらお酒も飲める英会話カフェ&バー

覆面訪問で訪れたランカル銀座店のお客さんは今やおじさんど真ん中の私でも最年少に近い年齢層でした。若いころから年上と遊ぶことが多かった私にとってはとても心地よい年齢層です。さらに銀座という場所柄なのかオシャレな方が多い印象を受けました。皆さんのファッションがとても格好良くて銀ブラって未だ死語ではないとおもいましたね。

私が参加した時の会話はハリーポッターでした。映画は最後を除いてほとんど観ましたが原作を英文で読んでいる方がいらして驚きです。あれって確かいろんな表現があったりして読むの大変って聞いていたしそもそも本読まない私にとって活字を原文で読むなんて尊敬の眼差ししかありません。

矢継ぎ早にポンポンと話が進む中すぐに新しい方が来られました。時間にすると10分に一人くらいのペースで増えてます。帰られる方と入れ違いになっていたので実際のテーブルの人数は変わらないのですが改めてランカルの集客パワーのすごさを感じます。

メイトはこの仕事が長いのか空気を読むのが上手で会話回しがうまくみんな気持ちよく話してる印象です。いわゆる気まずい沈黙(awkward silence)が全く発生しないのですがメイトが話し続けてお客さんが聞いているということでもありませんでした。

ほどなくして男性のお客さんが参加されたのですがその方によるとランカルで定期的に催される国際交流パーティー(International Party)などに参加することで知り合いが増えるということでした。せっかくそのような機会があるのであれば友人を連れてパーティに参加してみようと思います。男性の方いわく前回行われた上野のパーティではなんと50人から80人くらいの規模だったそうです。

富岡ミネラル
ミッキーハウスも毎週金曜日に国際パーティやってますよー
ミッキーハウスについて書かれた記事

この男性が到着したのは午後6時半くらいだったかと思いますがシャンパンを頼まれたようです。メニューを見てみるとシャンパンやビールなどアルコール類も最初のワンドリンクで頼めるようです。

この男性、英会話慣れしているようでドリンクが運ばれてくるとグラスを持ち上げて、

cheers

掛け声とグラスをカチンと合わせる音を聴くとテンションが上がって楽しくなってきました。うっかりと時間を忘れて飲み始めてしまいそうです。実際、この後に同じ銀座でビジネスディナーがなければこのまま飲み始めていたかもしれません。それほどに楽しい雰囲気になってました。お酒が飲める英会話バーは都内でも本当に少ないので希少だと思います。

たかゆき
覆面体験が完了しているランカルグループ以外でお酒の飲める英会話カフェです
会員制英会話ラウンジCUE

ランカルの英会話カフェスタッフは皆さんがバッジをつけているみたいでメイトさんも首とか胸とかわかりやすいところにバッジをつけてます。店員さんに声をかけることに抵抗がある方は銀色で横長5センチくらいのランカルバッジを探しながら店内を回ってみるとすぐに見つけられます。

英会話の体験を初めて30分ほどするとバッジをつけた若い男性の方が来られて何か準備してます。もしかすると交代なのかな?と思っていたのですが待っていた女性のお客さんになにやら説明をしております。

レッスンとかの希望者に対する英語レッスン案内なのかなと思いました。

お客さんが入れ替わり立ち替わりで話題がひっきりなしなので飽きがきません。大きく展開している英会話カフェならではの回転率を活かしたビジネスモデルです。小規模店では真似しようにも難しいかもしれませんね。

先日の二子玉川店はお客さんの滞在時間がとても長くて驚きましたがこちらは1時間ちょいくらいでお客さんが入れ代わってました。もちろん時間や曜日の要素が過分に影響するので実際はわかりませんが少なくとも平日の夕方から夜にかけて私が体験した時間内ではそのような感じです。
一般的にレストランの中のワンテーブルを間借りするというと狭い印象を持たれるかもしれませんがここは大きめのテーブルなので狭さを感じませんでした。

他の支店との違いは通っているお客さんが地元に住んでいる方というよりも会社帰りの方が圧倒的に多いということでしょうか。それだけに皆さんスーツだったりセミフォーマルなどきれいな格好の方ばかりです。中にはご自身の名刺をテーブルに置いてお話をする方もいらしたりでオフィス街でもあることを象徴しており特徴的です。

英会話カフェとしてブレないコンセプトとプライスシステムが上質なサービスの根幹を支える

これまで何ヶ所かランカルグループが運営している英会話カフェに行ってますがこの会社はお客さんの囲い込みがとても上手だと言えます。良い意味でコンセプトがはっきりしていてお客さんのリピート率がとても高いのではないでしょうか。
それが常連さんと呼ばれる方になるわけで顧客ターゲットにおいてもしっかりと分析をして的確なサービス展開をしているような気がします。

だからこそここまでの大掛かりな展開をしているにもかかわらずどこの支店に行っても同じような雰囲気が出せるのではないでしょうか。頭のキレるプランナーがいる気がします。自分も企画屋業を行なっているのですごく興味が湧きます。

※銀座店は閉鎖したとの情報が寄せられております。詳しくはランカルにお電話して確認をしてください。

スポンサーリンク

ランカル銀座に通われている方、行かれている方からの口コミ投稿を募集中

ランカル銀座店に通われている方やトライアルを受けたことがある方など実際に英会話を楽しまれた方からのご意見や感想を募集しております。
ご投稿頂くとアマゾンのギフト券10,000円が当たる抽選に参加できます。皆さまからの忌憚のないご投稿をお願いいたします。

モグリッシュ編集部

料金システム

OP:OPEN/CL:CLOSE/FT:FREE TIME

GOLD SUNSHINE 平日午後 OP-6PM 9,800円/月
STANDARD FT4回 9,800円/月
BASIC  — FT2回 5,980円/月
GOLD EVERYDAY いつでも 終日 19,800円/月
GOLD SUNSET 平日夕方 6PM-CL 11,980円/月
GOLD HOLIDAY 土日祝 OP-CL 9,800円/月
SUNSHINE+SUNSET 平日終日 OP-CL 14,980円/月
SUNSHINE+HOLIDAY 平日午後+土日祝 OP-6PM/OP-CL 14,980円/月
DAILY  — 1時間 1,390円/1時間

営業時間と定休日

15:00~21:00
15:00~21:00
15:00~21:00
15:00~21:00

※チェックインのラストは午後8時半となるようなので事前確認してください。

カフェの場所

銀座線、丸ノ内線、日比谷線は銀座駅のC2から約3分ほどになります。(C2出口からランカル銀座までの行き方は下記を参照)
日比谷線、都営三田線は日比谷駅A1
有楽町線の有楽町駅
JR山手線・京浜東北線は有楽町駅※お昼の時間帯は京浜東北線が止まらない時があります。

◆「銀座駅」を降りたらひたすらにC2出口を目指します(銀座線は距離あります)

◆C3も近いのですが交差点を渡らないですむC2ルートで説明しております

◆階段を上がったら右に曲がります

【角度1】C2を出たら右に曲がります。詳しくはこの下にある動画の説明を確認してください

【角度2】出口をでてこの道にいればOK、ひたすらまっすぐです

◆お店はこちらですがこの看板でちょうど中間なのでひたすらまっすぐ進みます

◆こちらが入口になります

◆カフェというよりもかなり大きな空間なので驚くかもしれません。(わたしは最初カフェだとわかりませんでした)
お店に入ると黒服さんがいるので「ランカル英会話で来ました」と言えばすぐに案内してもらえます。他の店舗とは違い大きいので素直に場所を聞いてしまった方が早いと思います。また黒服さんの接客が素晴らしく良いので気持ちの良い気分になれます。

ランカルのよくある質問(https://lancul.com/faq)にたいていの疑問点についての回答がありますので直接、ご確認ください。

住所:東京都中央区 銀座5-2-1「東急プラザ銀座」METoA CAFE内
電話:03-5738-7456

動画

◆出口C2をでてから東急プラザ銀座までの動画

◆東急プラザ銀座からMEToA CAFE(ランカル銀座の開催場所)までの動画

google地図

行ってきた覆面調査員:たかゆき

たかゆき
久しぶりに銀座に行きましたけどけっこうお店が変わってしまった印象がありました。またあるいている人の外国人比率が多いように思えました。確実にグローバルな時代が来てるなと思います。
たかゆき調査員が体験した英会話カフェ一覧

【練馬春日町】コミュニティ英会話
【石神井公園】英会話カフェ&バー、アネックス
【渋谷】アルファ英会話カフェ&スクール
【二子玉川】ランカル二子玉川

◆同じ路線・近くの駅にある英会話カフェがこちら
【表参道】ランカル表参道
【外苑前】英会話ラウンジCUE